気になる肌トラブル№1!シワ・たるみにサヨナラする美容法とは?

肌トラブルのなかでももっとも年齢を感じさせるのが、たるみやシワ。
年齢とともに肌も重力に逆らえなくなるのでしょうか?

でも、同世代だからといってみんながみんな、
同じようにたるみやシワがあるかというと、やっぱり個人差があるんですね。
どこで差がついたのか、その差は取り戻せるのか?
たるみやシワに効果のある美容法を探ってみましょう。

肌老化だけじゃない、たるみやシワの原因

加齢ばかりが肌トラブルの原因ではありません。
たるみやシワには、毎日の表情や姿勢も関係しているんです。

肌組織を構成する成分の低下

肌の表面を支える真皮層の繊維成分であるコラーゲンやエラスチンが
年齢や紫外線の影響で減少すると肌の弾力が失われます。
その結果として、たるみが起こるんです。

積み重ねた紫外線がもたらす、たるみやシワ

コラーゲンやエラスチンといった肌にとって大切な成分は
紫外線を浴びることでも減ってしまいます。
長年日焼けを楽しんできた人のシワが深いのは、紫外線によるダメージです。

細胞の乾燥は肌美容の大敵

乾燥というと、外側からの水分補給が足りないと考えがちですが、
たるみの原因となる乾燥は内側の水分が不足しているために起こるもの。
皮膚細胞の乾燥が続くことで肌のバリア機能が低下し、
弾力が失われてたるみやシワの原因となります。

猫背が招く、たるみとシワ

全身が一枚の皮でつながっていて、その下では筋肉が連動していることを考えると、
姿勢が顔のたるみやシワと関係があることはナットクがいくはず。
顔の筋肉は、特に首の後ろから背中に広がる筋肉、
僧帽筋がひっぱりあげているのです。
猫背になると僧帽筋に負担がかかり、顎が前に突き出る状態になり、
顔の筋肉をあげることができずに、たるみが起きてしまうのです。

 

たるみやシワの悩みを解消、美肌のための美容法

まだ平気という方は予防のために、気になってきた方は改善のために。
たるみやシワといった肌トラブルの悩みを解消する美容法をご紹介します。

 

食事の美容効果で肌を内側から改善!

コラーゲンやエラスチンの低下が原因で弾力が失われているのであれば、
そういった成分を補う栄養素を食事から摂りいれましょう。
コラーゲンやエラスチン自体を含む食材をメニューに加えるのはもちろん、
それらの成分が体内で合成されるのに役立つ栄養素も意識して摂りいれると
さらに効率的に効果が期待できます。
また、コラーゲンとエラスチンは同時に摂取することでより相乗効果が得られます。
タンパク質やビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを含む食材が効果的です。

 

美容効果に驚き!表情筋を鍛えてたるみ・シワ解消

57種類もある顔の筋肉。
日本人は、表情が乏しいと言われていますが、実際顔の筋肉の20%しか
使っていないそう。
表情を豊かに保ったり、意識して口角を上げ続けたりするなど
普段動かしていない顔の筋肉を使って、筋肉のたるみを防止しましょう。

紫外線カットを美容の新習慣に

コラーゲンやエラスチンを減らす原因のひとつ、紫外線。
5分だけ、とか、焼けしなかったから大丈夫、とか、思いがちですが、
実は積み重ねた分だけ、浴びた総量が正直に影響するんです。
つまり、紫外線は全面カットが正しい対処法。
たるみやシワができるのを少しでも遅らせたいのであれば
これからは、紫外線予防をしっかり行って、コラーゲンやエラスチンを守りましょう。

保湿でたるみやシワを予防解消!美容の新常識

内側からも外側からもたっぷりの保湿を心がけることで
たるみやシワの予防や改善に効果があります。
スキンケアをしっかり行い、保湿成分が入った化粧水やクリームで補いましょう。
内側からの保湿には、きちんとした睡眠やバランスの良い食事、
さらに十分な水分補給が必要です。
また、洗浄力の高いクレンジング剤などを使用して、保湿に必要な皮脂膜や角質層のセラミドなどを洗い流さないように注意しましょう。

どの予防・改善法にも言えることですが、
過剰なお手入れは、逆効果になりかねません。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*