心と身体と脳をリフレッシュ!青汁に含まれた栄養素が元気を回復!

あー疲れた!ってちょっと声に出して言えるときの疲れは、肉体的な疲れでしょうか。
ため息交じりの疲れは、精神的な疲れ。
ぐったり声にならない疲れの原因は、神経的疲労かもしれません。

ちょっと聞きなれない神経的疲労。
これは、長時間集中してデスクワークを行ったときなどに起こる、脳の疲れのこと。
脳も疲れるんですね。

どの疲労も原因は、エネルギー不足です。
頑張った結果、エネルギーが足りなくなって疲れてしまうんですね。
疲れたら疲労回復に努めましょう。

疲れって、毎日きちんと解消できないと、溜まっていってしまうんです。
たかが疲れと侮るなかれ、疲れが溜まった結果がさまざまな病気なのですから。

疲れをとるポイントは、姿勢、休養、睡眠、運動、食事の5つです。

姿勢と運動は、お互いに関わりあいが深い要素。
まず同じ姿勢を続けることで筋肉が固まってしまい、乳酸が溜まって疲労を感じるからです。
適度に動かすことで疲労物質である乳酸が流れたり、血行が良くなることで筋肉がほぐれます。

休養は、ゴロゴロすることではないですよ!
お風呂に入ってリラックスしたり、マッサージに行ったり。
キャンドルを焚いてゆったりお風呂に入るなんて、最高!
心と身体をリフレッシュする時間を持つことが大切なんです。

睡眠は、心と身体を休ませる大切な時間です。
眠っている間には、成長ホルモンなども働いて細胞の代謝を促進して修復したり、
疲労物質を流したり、栄養を蓄えたり、身体は忙しく働いて明日への活力を養っているのです。

そうした活動に欠かせないのが栄養素。
身体や心、脳を働かせるためのエネルギーの補充はもちろん、
細胞を生まれ変わらせたり、溜まった疲れを流したり、すべての働きは栄養素が元になって行われるのです。

現代人は、疲労回復に特に必要なビタミンB群やカルシウム、鉄などの栄養素が不足気味。
意識して摂ることが必要です。
こうした栄養素を含んでいる青汁は、疲労回復にぴったり。
ちょっと疲れを感じたなというときに、まずは1杯飲みたいところです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*