炭水化物と水分が意外と大切!便秘解消のポイント

なんだかお腹がポッコリ……。
よし、ダイエットをしよう!と思ったら、まずは自分の生活を振り返ってみるべき。
私の場合は、便秘が原因みたいだったから。

便秘って、やっぱり身体に良くないことばかり。
腸に便が滞った状態なので、腸から栄養が効率よく吸収できなくて
身体がもっと食べろと要求するわけ。
食べても食べても食べたくなってしまうんです。

また、身体は骨まで含めたすべての細胞が生まれ変わっているけど、
その代謝によって出た老廃物は便として外に送り出されるはずなんです。
ところが、便秘だとその老廃物は身体に残ったまま。
皮下脂肪として溜め込まれてしまうんです。
なんか毒素が身体をめぐりそう……。

良いことなしの便秘の改善は、生活習慣と腸内環境を整えることが基本。
生活習慣も?と思うかもしれないけど、ストレスでも便秘になるし、
睡眠を十分にとったり、腸の刺激になるような運動や
血流を良くするための入浴などを習慣化するのも大切。

腸内環境は、善玉菌を増やすことをポイントに、発酵食品や乳酸菌など
善玉菌のエサになるものを多く摂ったり、腸の掃除もしてくれる
食物繊維をきちんと食べたり。
便を出やすくするためには、水分も大切。
毎日、2リットルの水分が必要なんだとか。

もう1つ、意外な落とし穴が炭水化物!
ダイエットの大敵と思われていますが、便秘解消には必要な栄養素なんです。
なぜなら、野菜などの水分は小腸で吸収されてしまいますが、
特にお米は水分を大腸までキープして届くため、
大腸の中で硬くなってしまった便を柔らかくできるからです。
炭水化物抜きダイエットを始めて便秘になったという方も多いので、
適切な量は摂るように心がけることをおすすめします!

こうして振り返ってみると、足りないのはどうやら食物繊維のよう。
やはり青汁の便秘解消効果は期待できそうです。
青汁に含まれる食物繊維は、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方。
割合は、製品によって違うので、自分に合いそうなものを選ぶのがおすすめ。
ちなみに、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維は2:1で摂るのが好バランス。
トータル1日25gが必要量です。

最近は、お米も控え気味だったので、青汁プラス白米で便秘解消に挑戦してみます!

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*