生理中は、いつもより自分をいたわる時間を持って!

生理が近づくとなんだか身体がだるくなって、
生理が始まる前後は眠くてしょうがないというのが、私の生理前後の決まったパターン。
眠気と同時に生理痛も始まって、2日間はぐったりするほど痛かったり。
3日目以降は、眠さもパッと晴れてだるさも抜けるんだけど。
生理になるたびに、身体の機能の不思議さを感じます。

こうした症状はまとめて「月経前症候群」と言われるけど
こういうのってやっぱり、生理前後にかけて起こるホルモンバランスの崩れが原因。
女性ホルモンのひとつ、プロゲストロンの分泌量が増え、
エストロゲンの分泌量が減ってしまうらしいんですね。
これは、身体の働きだからしょうがないにしても、
生理期間中は意識してホルモンバランスを良くするように心がけたほうがいいのかも。

特に生理中は、本来ならば全身をめぐっているはずの血液が
子宮に集まってきてしまっているので、虚血性貧血という貧血状態。
デリケートな期間は、ちょっと自分を大事にしてあげようね。

生理中に摂ると良い栄養素は、ビタミンB6やビタミンEなど。
エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを豊富に含んだ大豆製品も
やっぱり欠かせません。
こうなると生理中は、温めた豆乳で青汁を割って飲むのがおすすめですね。
青汁に含まれているビタミン類も沸騰したお湯で溶くなどしない限りは、
壊れる心配はない言われてます。
お腹にやさしく、気持ちもほっとする温かい飲み物で、
ホルモンバランスを整えるサポートをしてあげましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*