疲れ目ケアと目の病気予防をアントシアニンで!

私たちが外界から受け取る情報の80%は
視覚から受け取っているというデータがあるそうです。

実際は、その時々によって前後するようですが、
それでも目から得る情報量の多さは、普段の生活からも実感できますね。

仕事ではパソコン、通勤のときにはスマホって感じで
常にネットにつながってしまってる感じ。
どれだけ目をこき使っているのやら。
そりゃ、疲れますよね。

目の疲れから肩こりや頭痛が起こるくらいだから
見ることに関係している部位は、疲れているってこと。
正常な状態じゃないんですね。
そんな部位に効果のある栄養素がアントシアニン。
強力な抗酸化作用で注目を集める成分、ポリフェノールの一種です。

 

目の病気は酸化ストレスも一因に!

疲れ目でものがぼやけて見えたり、目の奥に痛みを感じたり。
アントシアニンは、こうした機能の低下にも効果があります。

白内障や緑内障は、誰がなってもおかしくない可能性がありながら
悪くすれば失明に至る病気。
早期発見と適切な治療が大切です。
老化のほかに、
酸化ストレスによって視神経に傷がつくことも原因として挙げられているので、
アントシアニンの抗酸化作用に予防や改善が期待できます。

これは、ぜひ必要量をしっかり摂っておきたいところです。

 

 

青汁には種類豊富なポリフェノールもたっぷり!

アントシアニンがたくさん含まれている食材というと
ブルーベリーが有名です。

そのブルーベリーから、目の健康を維持するのに必要量を得ようとすると
ブルーベリーが約60~300gほど必要だそう。
これを毎日食べるのはちょっと無理。

しかも、アントシアニンの体内滞在時間は24時間ほど。
毎日、きちんと一定量を摂取し続けないとダメなんですね。

こういうものこそ、青汁ですね。
青汁には、種類豊富なポリフェノールがたっぷり。
目のケアを意識して、アントシアニンに特化したものもあるそう。

毎日続けやすいというのも
疲れの改善や病気の予防には大切なポイントですね。

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*